サイトマップ
茂木町の人口
人口 12,501人
男性 6,116人
女性 6,385人
世帯 4,549世帯
2018年03月01日現在
1月に紹介している方言
【なにっか】 O.A.1月30日~2月5日
方言:なにっか
意味:いろいろと

使用例
田:あー、わがんない!
鳴:何やってるんですか?
田:数独やってんだよ。
鳴:算数や数学が苦手なのに、数独やって知恵熱でないですか?
田:横でなにっか言うから、わかんなくなっちったっぺな!
鳴:僕にかつけないでくださいよ。
田:もう、なにっかうるさいよ!

これは、鳴井さんに「数独なんかできるんですか?」と言われたので、
「横から色々言うからわからなくなっちゃったでしょう!」と人のせいに
している会話です。

先週の宿題の、重い「お」とは、わ行の「を」のことです。

【はなぐら】 O.A.1月23日~29日
方言:はなぐら
意味:いびき

使用例
鳴:あ~、眠い、眠い。
田:良~く寝でだね。
鳴:でも、昼休みは熟睡できないですね。
田:そのわり、はなぐら立ててたぞ。
鳴:え?僕がですか?
田:そうだよ。はなぐらうるさくて電話できなかったんだから。
鳴 それは自分の鼻息じゃないですか?

これは、「鳴井君のいびきがうるさくて電話できなかった」と言ったら、
「それは、自分の鼻息じゃないですか?」と言われてしまった会話です。

【まるく】 O.A.1月16日~22日
方言:まるく
意味:紐で縛る

使用例
田:鳴井君、古い新聞、まるいといてね。
鳴:焼き芋でも焼くんですか?
田:なんで?
鳴:だって、新聞紙を固く丸めると薪の代わりになるってテレビでやってましたよ。
田:鳴井君、丸めるんじゃなくて、まるくんだがんね。
鳴:わかりました。よーく丸めておきますね。

これは、古い新聞を紐で縛っておいてねと頼んだら、まるくの意味がわからない鳴井さんが「よく丸めておきます」と言っている会話です。

先週の宿題「わがいし」の答えは、テレビで紹介中です。
ぜひご覧ください。

【これっぱっこ】 O.A.1月9日~15日
方言:これっぱっこ
意味:たったこれだけ

使用例
田:少し遅くなっちゃったけど、お年玉を持ってきたかんね。
鳴:本当ですか?ありがとうございますぅ。
田:昨年の仕事を手伝う券よりも、まっと良いものにしたよ。
鳴:これ、何ですか?どう見ても豆にしか見えないんですけど。
田:今年もマメに働いとごれよ。
鳴:これっぱっこじゃ、腹の足しになりません!

これは、お年玉と称して鳴井さんへ豆を渡したら、
「たったこれだけじゃ、腹の足しにもなりません」
と怒られてしまった会話です。

今年第一号の宿題は「わがいし」です。
さぁ、どんな意味でしょう!

【しこばる】 O.A.1月1日~8日
方言:しこばる
意味:格好つける、気取る

使用例
鳴:さっきから何を作ってるんですか?
田:見ればわかっぺ!猫めのおせちだよ。
鳴:猫用のおせちって、何ですか?
田:カリカリと缶詰で作んだよ。
鳴:あぁ、キャットフードですね。
田:お正月早々しこばって、キャットフードだと。猫めの餌はカリカリに決まってっぺ。

これは、鳴井さんから、猫用のカリカリを「キャットフードのことですね」と
言い直されたので、「何を格好つけてるのよ」と呆れている会話です。

今年もあいあいテレビをよろしくお願いいたします。

お問合せ先
企画課 広報係
TEL: 0285-63-5616
FAX: 0285-63-0459

※「用語解説」に関するご質問は、ウェブリオまで問合せ下さい。

トップページへ  ページ上部へ