サイトマップ
茂木町の人口
人口 12,557人
男性 6,145人
女性 6,412人
世帯 4,546世帯
2018年01月01日現在
妊娠した時の手続き
母子健康手帳の交付
【マイナンバーの利用について】
 妊娠届出は、平成28年1月からマイナンバーを利用します。
 妊娠届出時に個人番号と本人確認を行いますのでご協力をお願いします。

【母子健康手帳の交付について】
妊娠された方に、母子健康手帳を交付いたします。
母子健康手帳は、妊娠中から出産、そして育児期間に渡り、お母さんとお子さんの健康状態を記録する、とても大切な手帳です。

妊娠がわかったら、早めに妊娠届を行い母子手帳の交付を受けましょう。

茂木町では、母子健康手帳を交付する際、併せて妊産婦医療費受給資格者証・妊婦一般健康診査受診票(14回分)の交付もしています。

【手続き先】
元気アップ館

【持参するもの】
1) <個人番号カードを持っている場合>
    ・個人番号カード
  <個人番号カードを持っていない場合>
    ・通知カードまたは個人番号記載の住民票の写し

2) 印鑑

3) 健康保険証

  ※妊娠届出書(病院から発行されたかたのみ)

ダウンロード 妊娠届出書.pdf

妊産婦一般健康診査助成
安心・安全に出産を迎えるためには、妊娠早期から健診を受けることが大切です。
母子健康手帳交付の際に、妊婦健診を公費で受けられる「妊婦一般健康診査受診票」を一人14回分、産後1か月健康診査受診票を発行しています。
転入・転出をされる場合は、必ず役場保健福祉課(または元気アップ館)で手続きをしてください。

【対象者】
茂木町在住で、妊娠中の方

【内 容】
<妊婦一般健康診査>
1回目(妊娠 8週頃) 上限20,000円まで
8回目(妊娠30週頃) 上限11,000円まで
11回目(妊娠36週頃) 上限 9,000円まで
2~7回、9~10回、12~14回 上限5,000円まで
<産後1か月健康診査>
産後1か月健康診査(産後50日頃まで)上限5,000円まで

【有効期限】
妊婦一般健康診査受診票の有効期限は母子手帳の交付を受けた時点から出産前までです。
産後1か月健康診査受診票の有効期限は、産後50日までです。

【その他】
・上限金額を越えた部分は自己負担となります。
・受診票に記載されている検査項目以外の検査や規定外の健康診査については、自己負担になります。
・受診できるのは栃木県内の医療機関となります。県外の医療機関での受診を希望する方は、事前に「元気アップ館」 までお問い合わせください。
・他市町村へ転出した場合は転出日以降の使用できません。転入先の市町村で受診票の交付手続きを行ってください。
・他市町村より転入された方については、前市町村の受診票と交換いたします。

妊産婦医療費助成
母子健康手帳交付の際に、受給資格者証の交付をしています。

【手続き先】
元気アップ館

【内容】
妊娠届をした月の初日から出産した月の翌月の末日までの医療費自己負担分を助成します。

【持参するもの】
印鑑
健康保険証

【助成申請方法】
妊産婦医療費助成申請書を役場保健福祉課(または元気アップ館)へ提出してください。
医療機関で証明を受けた申請書、または、保険点数記入のある領収書を添付し申請書を提出してください。

お問合せ先
保健福祉課 健康係(元気アップ館)
TEL: 0285-63-2555
FAX: 0285-63-0965

※「用語解説」に関するご質問は、ウェブリオまで問合せ下さい。

トップページへ  ページ上部へ