サイトマップ
茂木町の人口
人口 12,501人
男性 6,116人
女性 6,385人
世帯 4,549世帯
2018年03月01日現在
「議会用語」さ行
さ行
採決(さいけつ)

議長が議案などについて、出席議員に賛成・反対の意思表示を求め、それを集計することをいいます。挙手や起立による採決や投票による採決、異議がないかを諮る簡易採決などがあります。


採択(さいたく)

提出された請願や陳情の内容に同意する議会の意思決定を採択といいます。


散会(さんかい)

その日の議事日程に記載された事項がすべて終了し、その日の会議を閉じることをいいます。


質疑(しつぎ)

質疑は、現に議題となっている議案等に関し疑問点を資すことで、町政全般に関する質問とは区別されます。


質問(しつもん)

議員が、町長をはじめとした執行機関に対し、いま議題になっている議案とは関係なく町の行政全般について、現在の状況やこれからの考えについて聴くことをいいます。茂木町議会では、定例会の第1日目に一般質問を行っています。



質問通告書(しつもんつうこくしょ)

質問する事項をあらかじめ議長に告げ知らせる文書のことをいいます。


執行機関(しっこうきかん)

町の施策や事務を行なう権限を持つ機関で、茂木町では町長のほかに教育委員会・選挙管理委員会・監査委員などのことをいいます。これに対して議会は議決機関といわれています。


招集(しょうしゅう)

議事機関である議会を開くために議員に一定の日時に一定の場所へ集合することを要求することをいいます。


上程(じょうてい)

議事日程に記載されている案件を議題として取り上げ、審議の対象とすることをいいます。

常任委員会(じょうにんいいんかい)

茂木町では、総務民生常任委員会、教育産業常任委員会の2つの常任委員会を設置しています。


条例(じょうれい)

町の法律ともいえる自主法のことで、地方公共団体は、法令に違反しない範囲で、町の事務に関する条例を制定することができます。制定、改正・廃止は議会の議決が必要です。


審議(しんぎ)

本会議において、議案などの案件について、説明を聞き、質疑し、討論を重ね、表決するという一連の過程のことをいいます。


審査(しんさ)

委員会において、論議し、委員会としての結論を出す一連の過程のことをいいます。


請願(せいがん)

議会に対し、町の仕事に関することや地域の身近な問題について、文書で希望を述べることをいいます。請願には必ずその請願内容の趣旨に賛同する紹介議員の署名が必要です。なお、議員の紹介のないものを陳情といいます。


政務調査費(せいむちょうさひ)

議員の政務に関する調査に必要とする経費を議員に交付する費用のことをいいます。


専決処分(せんけつしょぶん)

議会の議決または決定すべき問題のうち、急を要する問題などを、町長が議会に代わって意思決定することをいいます。町長が専決処分を行った場合は、直近に開かれる議会に報告し、承認を求めなければなりません。


全員協議会(ぜんいんきょうぎかい)

通常の会議とは異なり、議長の判断で問題になっている事項などについて共通理解を深めたり、意見の調整を行なうために議員全員で協議します。

お問合せ先
議会事務局
TEL: 0285-63-5645
FAX: 0285-63-0459

※「用語解説」に関するご質問は、ウェブリオまで問合せ下さい。

トップページへ  ページ上部へ