サイトマップ
茂木町の人口
人口 12,501人
男性 6,116人
女性 6,385人
世帯 4,549世帯
2018年03月01日現在
今週紹介している方言
【かっぽる】O.A.1月22日~28日
方言:かっぽる
意味:捨てる

使用例
小:中学生の時から乗っている自転車、最近調子が悪いんです。
鳴:いづまでも、あんないしけぇの乗ってないで、かっぽっちめぇよ。
小:もう寿命でしょうか・・・

これは、古い自転車に乗っている小幡さんに対して、「みすぼらしいから、もう捨てなよ」と言っている会話です。

【けづっぺだ】O.A.1月15日~21日
方言:けづっぺだ
意味:最後の部分、下の部分

使用例
小:玄関に置いてある大根、何に使うんですか?
鳴:しもつかれ作ろうと思って置いといたんだけど、あれ、けづっぺだの方霜げっちったな。
小:えっ、何が霜げたんですか?

これは、しもつかれを作るために大根を用意したら「大根の下の方が寒さで痛んでしまった」と言っている会話です。

【いごがす】O.A.1月8日~14日
方言:いごがす
意味:動かす

使用例
小:この前大掃除したばっかりなのに、荷物が増えちゃいましたね。
鳴:これ、邪魔でしゃーないから、あっちさいごがしといて。
小:鳴井さん、囲碁なんてどこにもないですよ!

これは、増えてしまった荷物を片付けている小幡さんに対して「邪魔だから、向こうに動かしておいて」と言っている会話です。

【霜げる】O.A.1月1日~7日
方言:霜げる
意味:野菜や果物が、寒さのために傷む

使用例
小:鳴井さん、白菜をたくさんもらいましたよ。
鳴:あれ、いーんでないの。そんで、その白菜はどこにあんの?
小:たくさんあるので、外に置いてあります。
鳴:外に置いてんのけ?霜げっちゃーぞ。

これは、野菜をたくさん貰った小幡さんに対して、「外に置いておいたら寒さで傷んでしまうよ」と言っている会話です。

参考リンク

お問合せ先
企画課 広報係
TEL: 0285-63-5616
FAX: 0285-63-0459

※「用語解説」に関するご質問は、ウェブリオまで問合せ下さい。

トップページへ  ページ上部へ