サイトマップ
茂木町の人口
人口 12,501人
男性 6,116人
女性 6,385人
世帯 4,549世帯
2018年03月01日現在
住宅等を解体するときは事前に届出が必要となります
現在、日本では、これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄といった社会のあり方が招いた最終処分場の逼迫や不法投棄の増大など、廃棄物をめぐる様々な問題を克服し、「循環型社会」を形成すべき時期を迎えております。
とりわけ建設廃棄物は、産業廃棄物全体に占める割合が高く環境に非常に大きな負担を与えております。
このため、建設工事の施工から廃棄物の発生、再資源化、再利用に関する一連の措置を講ずることにより、建設廃棄物のリサイクルを円滑に推進していくことを目的として「建設リサイクル法」が平成12年5月に制定されました。
これにより、平成14年5月30日から一定規模以上の対象建設工事
(1)については、特定の建設資材廃棄物
(2)を基準
(3)に従って分別し、再資源化することが義務づけられます。
また、工事の発注者は、工事着手の7日前までに、分別解体等の計画について、知事(4)に届け出ることが必要となります。

建築物の解体 80㎡以上
建築物の新築・増築 500㎡以上
建築物の修繕・模様替(リフォーム等) 1億円以上
その他の工作物に関する工事(土木工事等) 500万以上

特定建設資材一覧
(分別解体等が必要となる建設資材) 
①コンクリート
②コンクリート及び鉄から成る建設資材
③木材
④アスファルト・コンクリート
分別解体実施の手順 1 対象建築物等に関する調査
2 分別解体等の計画の策定
3 工事着手前に講じる措置の実施
4 工事の実施
事前届出先
 
栃木県真岡土木事務所建築指導担当
電話 0285-83-8308
お問合せ先
建設課 都市計画係
TEL: 0285-63-5621
FAX: 0285-63-5601

※「用語解説」に関するご質問は、ウェブリオまで問合せ下さい。

トップページへ  ページ上部へ