サイトマップ
茂木町の人口
人口 12,501人
男性 6,116人
女性 6,385人
世帯 4,549世帯
2018年03月01日現在
平成30年度以降の新国保制度について
制度のあらまし
平成27年5月27日に「持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律」が可決成立し、平成30年度から、都道府県は、国保の財政運営の責任主体となり、安定的な財政運営や効率的な事業の確保等、国保運営に中心的な役割を担い、市町村は、地域住民との身近な関係の中、資格管理、保険給付、保険料率の決定、賦課・徴収、保健事業等、地域におけるきめ細かい事業を引き続き担うことになります。

改革後の国保の運営に係る都道府県と市町村それぞれの役割

法律の概要については厚生労働省のホームページをご覧ください。

平成30年度からの変更点
【高額療養費の多数回該当が、県内転居の前後で通算されます】
平成30年4月からは、栃木県内のほかの市町へ転居した場合でも資格は継続します。(ただし、被保険者証は転居後の市町で改めて交付します。)
これに伴い、栃木県内のほかの市町への転居で、転居後も同じ世帯であることが認められたときは、転居前の支給も通算して多数回該当の回数に含めることとなります。


【被保険者証と高齢受給者証が1枚になります(平成30年8月から)】
70歳から74歳までの方は、これまで医療機関等の窓口において「被保険者証」と「高齢受給者証」の2枚を提示する必要がありましたが、平成30年8月から一体化します。

ダウンロード 国保制度が変わります.pdf

平成30年度の国保税について
茂木町では国民健康保険制度改正に伴う、平成30年度の国民健康保険税の賦課方式や税率については変更はありません。平成31年度以降については、引き続き検討していきます。

参考リンク

お問合せ先
住民課 国保年金係
TEL: 0285-63-5626
FAX: 0285-63-5600

※「用語解説」に関するご質問は、ウェブリオまで問合せ下さい。

トップページへ  ページ上部へ